図面について。

「こんなことでもわざわざ図面描くんですね。」と、よく言われます。

そうなんです。

図面は現場関係者にとっては「道案内の地図」に例えています。

みんなが迷子にならないように。あとは、クライアント様の想いもちゃんと伝えられるように。

図面確認することは、時間がかかりますが、最終的には必ず後から一番効率のよい近道になってくれると思っています。

事前に計画の問題点の検討や計画の段取りを行うのも図面で詳細に計画すれば、それまで気づかなかったものが見えてくることがあります。何より、スケッチなどで想い描いたデザインのバランスの確かめにもなります。

「あとは工事が始まって現場で確認しながら・・・。」というのはコストの無駄、時間のロスなど「後から気づくと勿体ない」ということが多くあります。「お客様がイメージできないものを出来上がったモノを見て判断」はその時になってみればクライアント様の心を傷つけることになりかねません。何より、提案段階でプロとしての責任を果たせていないようにも思います。

クライアント様の要望を満たすことは必要最低条件。そこから、+αの提案で感動して頂ける領域は「プロとしての責任とこの仕事に掛ける情熱」で大きな差になると最近あらためて確信しました。