鉄筋加工に立ち会った際、この写真のように手で加工してたから

「あれ?機械使わないの?」って聞いたら。。。

「主筋だけはね。」とのこと。

「なんで?」って聞いたら。

IMG_7814

この違い。

上がベンダーという機械で曲げたモノ。

下が手で曲げたモノ。

このカーブの違い。

でも、このカーブでアンカーの精度が確かに変わる。

効率を考えても、家一軒分の鉄筋量を考えたら作業時間の差は大きい。

でも、「手で曲げる」ことにこだわる理由がある。手が覚えた感覚も大切にしている。

機械か、手か。鉄筋を組んでしまえば見た目の大きな差はないと思う。

でも、その家にとって、この想いは精度の面で大きな差になってカタチに残ると思う。

こんな職人の想いを大切にして、クライアントさんにも伝えてあげたい。

自分の家がこんな想いでつくられているということ。それはどんな言葉よりも嬉しいと自分が実感しているから。