(自宅アトリエでの暮らし)夏の思い出と床のお手入れ。

Scroll down to content

「友達と遊んだ後の汚れ、ちゃんと掃除しておかないと、もう遊ばせてもらえないぞ。」

「はいはーい」

友達と遊んだ次の日の掃除は楽しそうだった。

また一つ、床に思い出が積み重なった。

夏が終わる。思い出と共に愛着も増していく。

日常の床のお手入れは昔ながらの拭き掃除(雑巾で水ぶき)が一番。

「拭く」というより「磨り込む」感覚で水ぶき。

手で愛を磨り込む感じ。

その顔の笑顔も家に染み込む。

拭き掃除は「素材と向き合う」ことになる。小さな変化を気づかせてくれる。

傷、汚れ。それが、想い出。

傷、汚れ。それを「アジ」と思える素材を床にはおススメ。

永く使い込んで価値が高まると思える素材。

傷、汚れ。気にせず思いっきり使い込める素材。そして、たまにきちんとお手入れ。

育てる楽しみ。

そんな床は記憶の写真集。