メーカーさんと打ち合わせること数カ月。ようやくこの計画に着手できます。

既存のウッドデッキを一度解体して再構築します。

前例がないメーカー既製品テラスとの組合せ。

メーカーに前例が無いと言われました。こちらも詳細計画を念入りに確認する為に施工部材図面データを取り寄せてもらって細部の検討を行いました。

現場で綺麗に納めることが出来ると確信出来たので、前例が無い事に挑戦しようと決めました。

このことを提案させて頂き、可能であると分かった時のクライアント様の笑顔が忘れられません。

「今の素材を捨てるのは勿体ない」そこから生まれたこの計画。

来週からその経年美化した素材に新しい命を吹き込みます。

目指すはクライアント様の想像を超えること。

11月末までの完工を目指して、美しく納めます!

よろしくお願いします。