(築約50年木造)浴室改修・クリナップユニットバスの断熱性能。

リノベチームの職人から、うちの工事に携わると「クライアント様にとても喜んで頂けるのでやり甲斐がある」と評価してもらえる。当たり前のように聞こえる言葉だけど、こういうチーム内からの評価はとても嬉しい。

今回は部位的な既製品の改修工事だったけど、最後に同じことを職人が口にしていた。

IMG_0397

この風景が最高に良かった。

今回の工事はクリナップのユニットバス。

既製品の組み立て工事だけど、生活スタイルに合わせて少しだけクライアント様だけのオリジナルのアレンジをしている。

それは照明。

IMG_0382

奥様は「明るさ」を望まれていた。

しかし、ご主人様は「暗さ」を望まれていた。

それを両立させる為に、調光にするとコストが上がりすぎるのでクライアント様とのカウンセリングの結果「スイッチを分ける」案を採用。

IMG_0384

少しでもクライアント様の生活スタイルに寄り添うように手を加える。その為のカンセリング。僕たちは毎回それを通して多種多様なスタイルを蓄積させて頂き、多くの経験として勉強する。だからこちらも幸せを頂くことになる。

ユニットバスのメーカーでクリナップをご提案させて頂いたのは一番最初の改修の動機から。

「(在来浴室の)今のお風呂は寒いから暖かくしたい」という言葉から。

浴槽の断熱はどのメーカーも断熱性能は高い。

IMG_0354

クリナップのユニットバスの特徴は

床、壁、天井のパネルの断熱構造。

IMG_0369

デザインのお好みは人それぞれ。でも、「性能」も日々の暮らしに変化をもたす力のある要素。

今回は組み立て中にクリナップ自社の技術部門の抜き打ち検査も入ったので

IMG_0356

クライアント様にとっては安心が増したことと思われます。

関連工事の最終工程に仕上げのチェックと給排水のテストを行い

在来浴槽からユニットバスへ改修した時の要注意ポイント「ダブルトラップ回避」をクライアント様と打ち合わせをして対策して、ユニットバスへの改修工事は終了。

IMG_0394

コレと言った特別なことを取り組んでいるわけでもないのに、数多くの住宅メーカーと取引もしている職人から、「うちのクライアント様の喜ばれよう」を評価してくれるのはなぜか。今回はそんなことを考える良い機会になりました。

改修に際して活用させて頂いたLINEのグループトークに、記念すべき初入浴の感想をご夫婦それぞれから頂きました。

「温かい。身体がポカポカ。」

「今までとの違いにびっくり」

「お風呂から上がりたくなかった」

「湯船のお湯は(温度を)そんなに熱くしなかったのに、上がった後も身体ぽっかぽか」

このような言葉を頂きました。

今回もお陰様で幸せな改修工事をさせて頂きました。

次のお休みで今度は家族全員で脱衣室内壁の塗装をしましょう!今回はそのDIYもサポートさせて頂きます。

ほんの少しでも「自ら手を加えるという暮らし」を。