安価な素材に手を加えて「豊かな質感」を出す

今回のDIYサポートも「家族全員で愉しむ」というよりは「DIYに集中して頂く」サポート。

祝日や日曜日ならうちの家族と一緒に動ける為

なぜか男女問わず小さい子の面倒をみる(というより、自分も一緒になって愉しむ)のが得意?な娘と、(親の目)総監督の嫁さんを引き連れて

IMG_0503

お子様たちは引き受けさせて頂く環境を整え

ご夫婦に少しの時間だけDIY作業に集中して愉しんで頂きました。

IMG_0492

僕のDIYサポートは相変わらず葛藤しながら

綺麗に仕上げるようにお手伝いするべきか、クライアント様の心のままに全く手を加えず見守るべきか、次につながる豆知識の伝達は抜けなくお伝えできたかな?そもそも、クライアント様はどんな仕上げを望まれているのかな?など、やりながらクライアント様と向き合わせてカウンセリングするように少しずつでも「クライアント様が喜んでくださること」に近くようにと修正を繰り返し作業を進めさせて頂きました。

養生のやり方やポイント、使用アイテムの豆知識。

IMG_0488

塗装の方法。ハケとローラーのポイントと作業のコツ。

安価な素材でもアジのある風合いに一手間加えてワンポイントにする、ほんの少しの工夫など。

これがお金をかけずに、自ら手を加えることで実現する「日々の暮らしのモチベーションをあげるインテリア」

IMG_0501

未完で作業を終わらせることの申し訳なさは毎回苦しみのように残るのですが、これからご夫婦の思い通りのDIYに挑戦して、僕が加わらないことの「純粋」な部分を愉しんで頂ける喜びを味あわせて頂き今回もこれで終了させて頂きました。

作業しながらお話させて頂いたのですが、

素人でも心を込めて作業すれば、ヒトの心を奪うものづくりはできると信じています。

ポイントは

「時間を気にしなくて良いなら気にしないこと」

「今日はここまでやるぞ!とノルマも決めないこと」

「自分の心がワクワクすることを選択して、“邪道”など気にせず自分が愉しめるように作業を行うこと」

これができれば、自ら手を加えるDIYは「職人以上に素敵な空間に育まれる」と思っています。

今日は素敵な愉しい時間を家族揃って味あわせて頂きました。

ありがとうございました。