(築約50年木造長屋の1室)商品展示スペースへリノベーション。

築50年程度の長屋木造アパートの一室のリノベーションをさせて頂いています。

やっと1階スペースをクライアント様に使って頂けるところまで到達できました。

IMG_8890IMG_8881IMG_8882

リノベーションの工事は引き続き、

下の写真で1階へ光を落としている

IMG_8885

「吹き抜け」として床を抜いた2階ギャラリースペースの最終仕上げ段階に入らせて頂きました。

“何も手を加えず「古い家の魅力」をそのまま使う”というのが唯一の拠り所となるコンセプトだったような気がしています。それ以外は「やりながら考える」という姿勢で今回のクライアント様であるオダ理容室のオーナー様とゆる〜くリノベーションさせて頂きました。

軸となるコンセプトを言葉で掲げると、かえって障害になりそうなリノベーション。

そんな新しい感覚を学ばせて頂きました。でも、初日のディスプレイを見させて頂いてその応えがやっと自分の中に浮かんできた感じです。

「使い方を限定しなかった分、無限の使い方ができる」

それが、この初日に感じたこのリノベーションの手応えの一つでした。

 

「造り込み過ぎない」というテーマもあったので、主張することなく所々にこの空間のポイントが存在しています。

このリノベーションの作業風景はまた後ほど。と、カッコよく締めくくりたかったのですが、まだ2階のギャラリースペースは未完です・・・・(笑)

「やりながら考えるリノベーション」は通常の2倍近く時間がかかってしまいます。まずは最後まで納得いく仕上げを心を込めて行わせて頂きたいと思います。

IMG_8880