(築約60年木造)塗装・床下断熱施工・モルタル補修のDIY作業。

古い家の魅力を「そのまま」維持しようと考えれば「保全、維持管理、修繕」が大切になる。その大切な部分に、ここのクライアント様の意識がある。住居のDIYには祭事性が強くそこに興味がある人も多い中、DIYが趣味というより、なんでも自分で直される、古い物を大切にされる、使えるものは捨てない。さらに意識が高いのは「改修で出た廃材」について。自らの暮らしの中で田んぼや畑で活用することを模索されている。素敵なジャンクスタイルの持ち主です。

毎回このクライアント様との改修では、「コストを最大限抑える」というテーマもあるのでクライアント様自らDIYは必須。もうこのクライアント様のDIYスキルを把握しているので月と雨 建築舎としてもDIYサポートせず極限にまでコストを削りました。

今回のクラインアント様の活躍は塗装はもちろん

DSC_0343

既存部分も丁寧に手を加えられ、素敵に仕上げていかれました。

IMG_1264

祭事性の強いDIY作業工程は、思う存分愉しんで頂く為に僕は席を外させて頂いています。

IMG_1139IMG_1138DSC_0391

本当にクライアント様自ら作業された為、僕は撮影係。

普段映像に残ることのない「床下断熱改修」の様子や

IMG_1185

その作業で見つけられた「既存浴室の不具合」を自ら修繕される様子を撮影させて頂きました。

IMG_1202IMG_1203

更に、「予定していなかった工事が発生」した工程も極力お金を使わず挑戦される事を選ばれ、そこに「廃材利用」という発想も加えられ、自らの思想を実践されていきました。僕はそのアイデアを最大限活かしながらコストを抑え、強度も確保する施工計画の助言と共に一緒に労働者として参加させて頂いただけです。

こういう意識の高さは僕としてもとても嬉しく、一緒にリノベーションしたチームの一体感もクライアント様と味あわせて頂きました。

「自ら手を加えるという暮らし」を共に愉しむ!そんなリノベーションの物語がここにはありました。このようなお手伝いから自分のリノベーションの在り方を違う方向から考えるチャンスを頂いた気がします。

DSC_0362