こういうものは捨てられない

昔の道具。

のこの目立て。

裏に日本人らしく控え目にでも力強く営業しているところが面白い

こういう「つくり手の心のあるもの」はつくり手の端くれとして捨てられない。つくった人に申し訳ないから。

そして、自分のモチベーションと思考の要素として

目につくところに。