リノベ一件、一生

僕の場合、リノベ1件には一生が詰まっている。

それぞれの物件には流れがあり、一生分の思考を繰り返す。

そういう意味で一生が詰まっている。

だからといって常にフルパワーの120%でいくと身体も心も壊れてしまう。

それは昔経験したから同じことは繰り返さない。

それを踏まえて「今できるベストを尽くす」とは

「90%で仕事をして、ここぞという時に100%が出せるように無理はしない」ということ。

これが大切。

そして「今を正直に」

一生懸命生きたら絶対に後悔はしてはいけない。

「仕方がない」と受け止める。

なったように結果を受け入れる。

一生懸命やってうまくいかない時は自分も責めない。人も責めない。

素材、旧い家には癖があるもの。

それを無理やり教科書通りの対応に持ち込むのではなく

その癖を受け入れる。

そして、その流れを「良いように取る」

受け入れ、それを隠すことなく良さに生かす。

これが、残りものリノベの一番の醍醐味。

リノベの現場は人生そのもの。

そして、施工は生き方そのもの。

だから、絶対残りものリノベは最後には良さしか残らず、必ず上手くいく。