古い家にある「宝物」(ニューオダ理容室様)

このガラスの写真をアップすると「子供の頃に住んでいた団地がこんな感じだった・・・。」「実家がこのガラスを使っていた・・・。」「まだこのガラス使っている・・・。」そんな意見を沢山頂きました。

昔の量産ガラス。古い家には今では手に入らないという「お宝」が眠っている。

でも、「お宝」という表現は他人事で表現できる人の無責任な表現かもしれない。

続きを読む

精神的DIY 「高陽の花ノイエ」

「高陽の花ノイエ」と表現してリノベーションさせて頂いていたクライアント様との一つの区切りの日でした。

北欧テイストがお好みのクライアント様にお問い合わせ頂いたのが半年前。その時はもうすでのこのお家を数ヶ月前に購入された後でした。

「なかなか自分たちのイメージするリノベーションをされている会社がなくて・・・・。色々探していたら月と雨建築舎を見つけた。」そんなお問い合わせ理由だったと記憶しています。 続きを読む

クライアント様の心に馴染む家具「高陽の花ノイエ」

北欧好きのクライアント様の為に創るコーナーのTVボード。

せっかくなら他では見たことの無い構成で使い勝手と空間の有効活用もできたらと考えながら「こんな家具なら欲しいな」と思えるものを描きました。そして、それをそのまま創らせて貰えるという贅沢な幸せ。僕は豊かな生き方をさせて頂いている。 続きを読む

「施主」様ではなく、「クライアント」様(高陽の花ノイエ)

デザインが成功するかしないかは、僕らのモノづくりをバックアップしてくれるクライアントがいなきゃ絶対だめだから。いくらデザインがよくても、そのよさを分かってくれるクライアントがいなければ作れない。(柳宗理)

この柳宗理さんの言葉が、月と雨建築舎のモノづくりには大切だと今日感じました。 続きを読む

今しかない家族の時(トキ)

2017年、今年も月と雨建築舎をどうぞ宜しくお願い致します。

「美しい」と観ることのできる心を養い、情報発信させて頂きながら、月と雨のリノベ「花ノイエ」を追究していきたいと思います。そして、その根底にあるのは事業スタート時から大切にしている「月と雨建築舎が沢山の人の役に立つ事業になりますように」という言葉を今年も実践し続けます。

img_7490

(今年の初詣で観た美しいたたずまいの写真より)

続きを読む

木造住宅専門のリノベチームでこんな事も(笑)

月と雨建築舎のリノベチームで9月、急遽頼まれて天下一品さんのテラス屋根を木造で作らせて頂きました。

月と雨建築舎のリノベチーム力は同業職人からの信頼あつく、色々な関連業者様からの紹介を頂くご縁に感謝です。そして何より木造なら刻みからできる最強のチームに感謝です。さらにさらに、今回は何より雨でもやる、しかも隣の県の岡山に出張という環境でも、快く動いてくれて持っている技術を全て出し切ってくれた職人さんに感謝。 続きを読む