(築約30年木造)それでも愛してもらえる住居にする

被災して矢野東の為に何も力になれないまま自分のお仕事を再開してもよいものか悩みました。しかし、お仕事もお約束。今は自分のできることからはじめようとスケジュール通り高屋の住居改修に着手させて頂きました。

これが結果的に日常を送れている地域の暮らしと、日常が止まってしまった矢野東の様子を毎日見比べる事になり、複雑な心境を味わってしまう事になったのですが、そこから古い家のリノベーションと「その地域での暮らし」に対する新しい角度の大切な心構えが備わったように思えることもありました。

このおうちは永く住む予定ではない築約30年のおうちの改修でした。その為、お金はかけず、最小の手数で月と雨建築舎として何をするか悩みました。出したこたえは「それでも愛して貰える住居にする」というものでした。

続きを読む

(築約50年木造長屋の1室)工事中に発覚した既存不具合。

ある一つのプロジェクト。天井解体して二階の床のしなりが気になり、調査してみるとまさかの最悪の事態。梁が折れていた。強度的に梁成が足りていないのが一見して認識できた。そして、木組みもそうならざるをえなくなった理由もなんとなく理解はできた。この容姿のまま無理やり補強しようとすれば、それは補強にはならない。 続きを読む