(築約50年木造長屋の1室)工事中に発覚した既存不具合。

ある一つのプロジェクト。天井解体して二階の床のしなりが気になり、調査してみるとまさかの最悪の事態。梁が折れていた。強度的に梁成が足りていないのが一見して認識できた。そして、木組みもそうならざるをえなくなった理由もなんとなく理解はできた。この容姿のまま無理やり補強しようとすれば、それは補強にはならない。 続きを読む