(築約50年)1970年代に流行った木目板内装に馴染ませる。

これまでお父様が何度も改修を繰り返してこられた住居の物干しスペース及び浴室改修を行わせて頂きました。

内装は1970年代に流行った木目の化粧合板で仕上げられた内装。仕上げを統一させるための不要な解体は行わず、手を加える部位は必要最低限で限られた予算の中で美しく馴染ませる。インテリアの目標は「Offカラー」。スッキリ開放的な空間にする為に壁を「抜く」のではなく、今回はスッキリ開放的な空間にする為に色を抜いていきました。

続きを読む

(築15年プレハブ)汲み取り式トイレ一体型ユニットバスの下水式便器取替え作業。

身近にいる誰に相談しても、そんな工事(トイレ一体型ユニットバスの下水道切り替えに伴う便器取替え)やった事がないと言われました。

「ユニットバスごと取替えしないと無理。」そう言われました。でも、ここのクライアント様にとって、この古いユニットバスの使用目的は「トイレ」のみ。浴室の機能は必要ない。しかも、この古いプレハブの使用目的からしても、便器だけの取替えですませるコストが理想であり、ユニットバスを解体撤去してわざわざトイレ空間を作り直すほどコストをかけてしまうと、それは無駄なコストになってしまうのは明らかでした。

そのような状況から今回も「今あるものを使ってなんとかする」挑戦が始まりました。

続きを読む

(築約50年木造)浴室入口・既存を活かし美しくアルミ折れ戸を取付る作業。

お父様の介護の為に古い建具を取り外していた浴室入口。そこにアルミ折れ戸を取付る作業。

改修工事としては、特に珍しい作業ではないのですが、このお家のクライアント様はうちの現場を支えてくれるリノベーションチームの塗装職人。その職人がセンスのいいところを発揮していたので日誌に残しました。

続きを読む

(築15年プレハブ)既存汲取配管を下水道最終桝に接続する作業。

プレハブ付きの土地を購入されたクライアント様。購入直前のタイミングでご相談頂いていました。最初は悩まれておられたのですが、「このプレハブをそのまま使えるようにする。」という方向で決断されたので、「今あるモノを壊すのではなく、活かしきる!」となれば、僕の使命。これも小さく時を紡ぐ暮らし、ものを大切に手をかけ使う生き方です。今の条件の中で無い物を考えるより、出来る事を考え、その先の目標に向かって今を愉しむ!

電気はすでに引き込みされており、メインは給排水の復旧と考えていましたが・・・・。想定以上に物語は難航してしまいました。

続きを読む