「自ら手を加えるという暮らし」を共に愉しむ(88ハウス広島様)

古い家の魅力を「そのまま」維持しようと考えれば「保全、維持管理、修繕」が大切になる。その大切な部分に、ここのクライアント様の意識がある。住居のDIYには祭事性が強くそこに興味がある人も多い中、DIYが趣味というより、なんでも自分で直される、古い物を大切にされる、使えるものは捨てない。さらに意識が高いのは「改修で出た廃材」について。自らの暮らしの中で田んぼや畑で活用することを模索されている。素敵なジャンクスタイルの持ち主です。 続きを読む

改修でも「新しい価値」は創造できる

月と雨建築舎はリノベーションすることだけを目的としていない。お金をかけずに古い家を護ること、家を使い捨ての消耗品にしないこと。“古さ”は真新しいモノより魅力的である。その為に古さを快適に愉しむコトをサポートする。

リノベーションしなくても、クライアント様の想いはしっかり反映できる。

続きを読む

美しい未完成「福山の花ノイエ」

まだクライアント様のDIYも完全に終わってないけど

ゴールデンウィークに少しでもこの空間での暮らしを体験して頂ければと思い

養生を上げた。

なんといっても「鉄骨造を美しく魅せる」インテリアができた

IMG_0330

 

今回のインテリアも「とってつけたコンセプト」ではなく「この家の美しさ」とクライアント様のご要望をイメージして創った。

全く間取りは変えていない。それでもリノベーション前からすると全く違う空間にすることができたと思う。

続きを読む

本格的DIYリノベの本質「福山の花ノイエ」

今週はDIYリノベのクライアント様の「感じたものをカタチにしていく」アレンジ力が目に見えるモノに育ってきました。

クライアント様は作りながらアレンジしていく。

月と雨はこれまでのクライアント様との打ち合わせ、会話の中で「創りたいイメージ」をカウンセリングさせて頂き、その“想像以上”をご提案させて頂きカタチにしていく。

ただし、DIYリノベの最大のデメリットは「時間が必要」なこと。

工期がいつまでか読めない。その覚悟がないと中途半端になります。サポートするこちらも、うちのチームの「工期」を調整しながらクライアント様が焦らないように丁寧に、それでも無駄なく進めるように寄り添わせて頂きます。

IMG_0291

 

続きを読む

ジャンクスタイルヴィンテージ「福山の花ノイエ」

月と雨建築舎のリノベは「古く美しい」を創る。

今回は使い込まれた風合いを自ら加工して創り上げています。

欲しいものは「買う」ではなく「創る」

それが月と雨のジャンクスタイル。

今回のクライアント様はこの1ヶ月、DIYを沢山楽しまれました。

月と雨にとって少し遠方の現場なのでHPへのアップはかなりお久しぶりでございます。

続きを読む

月と雨ジャンクスタイルインテリア「江田島の花ノイエ」

 

IMG_0228新しく綺麗にするという視点ではなく

今ある古いモノに「古く美しい」という新しい命を与えるという考え方。

その為に無駄なもの、余計なものを抜いていく。

その基準は月と雨とクライアント様の間にある「美しい」と想える基準を大切に。

それが

月と雨建築舎がリノベーションで創造する「ジャンクスタイルインテリア」 続きを読む