(あとがき)時季つむぎの生活

Scroll down to content

物語を紡ぐということ

“Are you raising  your home ?”

〜「月」「雨」という思想〜

月を美しいと感じる心で雨を聴く。

今ある条件の中で出来ない事を考えるより、その中で自分が出来る事を考えおもしろがるようにしています。無い物を欲しがるのではなく、また要らない物を捨てるのでもなく、ある物を生かして、ある物で出来る事を考えていきます。

それは妥協ではなく、唯一無二のアイデアです。そこから必ず一点モノのディテールが生まれます。そこに物語がつむがれていきました。飛び越えて時間を進めるような事を考えず、ひとつひとつ小さく積み上げている生活です。小さく時をつむぐ生活を創り育むこと。それが理想です。時間を貯め込み、季節をつむいできた古い家は何気ない日常をも面白い生活に変えてくれます。

“「古さ」が真新しいものより魅力的と共感して頂ける方の為に”

既存住居は視点を変えると“可能性”を秘めています。それは、使い込まれた質感、眠っている素材を生かし、限りある予算の中で自分の美意識を妥協することなく、遊び心に溢れた生活空間に変えることが出来るという可能性です。

「どこにでもある」ではなく「ここにしかない」。壊れても「新しく買い換える」ではなく「コレをなおして使いたい」。そんな我が家の10年後、20年後に美しさを増すヴィンテージ。今あるモノに心を奪う魅力を創る。住む人が今ある我が家を育て、大切に永く使い込み、住居としての価値を高めていける文化がはぐくまれることを想いながら。

月と雨 建築舎が提供しているのは、ただのリフォーム・リノベーションではなく生活道具との関係を見直し「今あるモノを生かす為に大切に使い続ける」という生活の中の思想です。それは何気ない生活を、自分の感情が動く生活道具で誂え面白くする工夫です。月と雨 建築舎が想う「ヴィンテージ」とは「ある年代の限られた逸品」だけではなく「自ら育て上げた一品」もなり得る事ができると強く信じて、今ある住居の個性を見極め、新築ではできない“古く美しい風合い”とクライアント様ご家族の“生き方、生活”を「花」として空間に添える美しいリノベーションを試行錯誤と葛藤を繰り返しながら追求しています。時間という価値を手にして頂くことを想い描きながら。

「月と雨 建築舎」という名前には日本古来から存在する美意識の1つ「風情」を感じる心を大切に、生活空間こそ、美しく。古いモノを丁寧に直して永く使い続ける生活を育む美しいリノベーションを志したい。」という想いを込めています。月を美しいと感じる心で雨を聴くそんな感覚を常に大切にして、リノベーションで月を美しいと感じる心と同じように、雨さえも美しいと感じる事のできる心を育みたい。たくさんつくって、たくさん消費する社会の中で、月と雨 建築舎は自分の感情が動くものを選び、今ある我が家をヴィンテージへと永く大切に使い込む生活をクライアント様と共に育みたいと考えています。

“ジャンクスタイルというDIY精神を”

 本当に愛せる生活道具は壊れてもなおして使う」ことができる。そして「ないモノは創る」ことを考える。使えなくなっても「まだ何かの役に立つかもしれない」と考える。このような考え方は親の背中で教わりました。この3つの考え方を月と雨 建築舎では「ジャンクスタイル」という生活の思想として大切にしています。「ジャンクスタイル」という言葉は月と雨 建築舎にとってはインテリア様式の一つとしてではなく、生活の思想です。それを土台とした上で「こうなりたいという明確な目標に向かって行動する段階に幸せを感じること」が「豊かさ」なのだ。と、実感して頂きたいと思っています。このジャンクスタイルという思想が生活に馴染めば、住む人が今ある我が家を育て、大切に永く使い込み、住居としての価値を上げていける世の中にできるのではないかと挑戦しています。

“「制作」より「生まれてくるものを大切に」”

建築は知識のみでは建築になりません。どう生活したいかという事のみで設計という表現の組み合わせを行い、センスという言葉で飾られた流行りのスタイルで装飾し、規定に従って施工する。これだけでも建築はできてしまいます。そこに心はなくてもそれなりに出来上がってしまいます。でも、その建築は建築であって住居にはなりません。住居というものは、本来の使命を真に考え込むことが大切になります。そう考えると住居建築は「制作」と「創作」の二つに二分されます。インターネット・スマホ・SNS・各種アプリの普及で、流行りのデザイン(形態)と制作知識は検索すれば手にはいる時代になりました。これらをまとめて実践したものは「制作」になります。そして、現在の住宅産業はこの様式と差異は無いと感じました。デザインも「原理を知らぬ」というよりも「原理を持た無い」と思われるものが多く見られます。「住居」とは建築の中でも人のスケール、暮らしに一番密着している建築。住居は制作される以上に心を込めて、魂を込める「創作」が必要だと思っています。

生活の中で生まれてくるもの、DIYの作業工程で生まれてくるもの、つくり合うチームの会話で生まれてるるものを大切にした「創作」。「創作」とは住む人と向き合い、その人の心を奪う独創的な考慮によって創造する作品。昔は住居を作品と呼ぶことへの抵抗がありましたが、最近ではあえてその「創作」という概念の必要性を感じ、(クライアント様の)時がつむがれ生まれた「作品」と称するようになりました。「独創的考慮」と言っても、ただ目を奪うだけの形態・流行りの模写ではなく、クライアント様の生活の中で生まれてくるもの、DIYの作業工程で生まれてくるもの、つくり合うチームの会話で生まれてるるものを大切にした「作品」です。

“生活しながら自ら手を加える精神を”

歴史を積み上げてきた建物を改修するには、日本独特の「職人の技術」が必要になり「高い技術で“心のある”職人」のチームも必要となります。そうして創り上げ、完成させたお家は技術の持ち寄り、結晶です。しかし完成した後、住む人が「生活しながら自ら手を加えることが出来ない」という家であってはいけないと考えています。住みがら空間に手を加えていくことのできる「余白」があること。それこそが、家を使い込んでできた汚れや、傷を「古く美しい」という風合いに変えると考えます。自分で気軽にお手入れ、メンテナンスもできることの大切さ。「壊れても直して使い続ける。無い物は創る。」そんな価値観を大切に支援させて頂き、一緒に「自ら手を加えるという暮らし」を実現することをサポートさせて頂きたいと思っています。

“使う人によってできるアジを引き出す”メンテナンスという行為は、「創る」だけでなく「育む」ことで愛着を生んでくれます。その軸の大切な基礎は「職人の正しい心」が家に“移る”ことであり、住む人が永く大切に使い込める心を奪ったお家であること。それが10年後、20年後に美しさを増すヴィンテージになりうる条件だと思います。

大量生産、大量消費の社会の中で、私たちは時間をかけて大切なお家と向き合い、時をつむぎ風合いが増し、変化を楽しめる暮らしづくりを、時間をかけ心を込めて、丁寧な施工を計画、実施させて頂きます。