works 021/東区の倉庫

2年ほど前に他県で事故が起こり問題になった劣化した「ブロック塀」

その問題から、劣化したブロック塀のことを心配されていたクライアント様。倉庫として使用されている旧い家の敷地の劣化したブロック塀をこの度解体させて頂きました。

そして、

露わになったボロボロの玄関ドアを、月と雨の「残りものリノベ」でリメイクに挑戦させて頂きました。

建築屋としてはよろしくない非常識なのですが、「DIY」として行うなら建具職人がやらない非常識に挑戦するくらいがゆたかな表現につながるのではないかと思っています。(この後の変化にともな面倒はみる覚悟が必要です。)

それも含めて承知してもらい、挑戦を面白がって頂けることもありがたいことです。

だからこそ、心を込めて時間と手間をかけさせてつくらせて頂きました。

このドアを捨てるくらいなら、骨組みを生かしてお金をかけずに出来ないものかという挑戦。だから高価な素材より「雰囲気の出る素材」で。荒材だから職人さんにつくって貰うのも失礼。(このような素材だから職人さんに責任を負わせるわけにはいきませんから。それに無駄な手間も多くかかるので、それに対してクライアント様にお金を使ってもらうわけにもいきません)だから月と雨のDIYで「残りものリノベ」という選択。

責任を持って面倒みさせて頂きます。

Categories: