幽玄
-YUGEN-
花鳥風月 と「幽玄」
間
-MA-
価値より(間)を観る
風情
-FUZEI-
「風情」
故ものを日本の美意識で再構築

侘 <風情> 地方性
-HAKKO-
リノベ=「発酵」
関係性の再構築
形を持たない建築
所作
-SHOSA-
「所作」
ふるまいの美しさ
人生は、いつも楽しいことばかりじゃない.

哀しみの中のおかしみ,悲観の中のユーモア.
明日がちょっと楽しくなる,些末な美意識.
住まいの哀しみをおかしみに,
humorと施工保証.

意に添う建築屋

月と雨建築舎

白のリノベ

日本の美意識で故もの生かす

故い家のリノベだからできる魅力
簡素にして生かす「故もの」の風情
故ものは寂もの

何でも手に入る時代において
使い続ける文化も残るように

壊し過ぎず、造り込みすぎない
手を加え直し使い続ける世界観
不完全な美・枯れた美の風情

[故い]を付加価値に
Contents

Concept: 設計概念

[故い]を付加価値に, 意に添うrenovation

経年価値 と あなたにとっての価値 の最大化.

必要出費はせめて
あなたにとって価値があり、長持ちするものを.
10年保証ロゴ
日常は荒れている。平穏な日々は少ない。
心を亡くしてはいけないと理解はしていても。
時間は無く、手間暇などかけていられない。

足元を見る。
床は勝手にいい艶に育っている。
目につく場所に救われる。

忙殺生活の中で家族と付けた傷、汚れ、染み。
捉え方を変えて、楽にいこう。

素直には楽しめないけど、おもしろがろう。
何事も良いように取る。
そう思える環境。

日常は荒れている。平穏な日々は少ない。
だけどここに、わたしの美意識を表現している。
「忙しい私たちが“楽”しむ、生活美」

まずは、今ある暮らしの中から。

忙しい生活の悩み、退屈、苛立ち
その根本を徹底ヒアリング。
解消と同時に楽しみに変換致します。

選ぶこと=表現すること。
「表現したい」のニーズも叶えます。

月と雨建築舎のリノベは、関係性の再構築から。
既存価値に囚われず、原初的未来の考察。
形を持たない設計へ。
リノベ的発想からリノベ的デザインを。
We add Japanese aesthetic sense 
to existing things.

Old waste materials create the new modern.

and We have drawn modernism 
with existing things. 

誰の目にも止まらなかった寂ものを生かす白のリノベ。
過去の美意識を学び「今」に繋がるものを造る。
そして、ほんの少し「今」を超えたものを創りたい。

Contents:リノベーションとは?・実例

月と雨建築舎が考える
リノベーションとは関係性の再構築
未来の秩序は
箱空間からの離脱
形を持たない建築の設計
関係性の再構築

白のリノベ 要素

馴染ませる
対比させる
間を取る
幽玄・風情・雁行・発酵・所作
日本の美意識を織り交る、リノベ要素。

「違和感」と「グルーヴ感」のバランス感覚
奇跡の余白を残し、故もの生かす、白のリノベ。
白のリノベ要素

~月と雨外壁塗装~
SOTO-MO-SHIRO
白のリノベ要素

~DIYサポート~
TE-WO-KUWAERU

About:月と雨建築舎

Contact:住まいの相談窓口

月と雨建築舎
Contents