(姿)手紡ぎFamily

Scroll down to content

職人さんも面白がる現場を創る

月と雨の大義は「よい職人の地位の底上げ」

残念ながら、家づくりに関わってくれる職人さんが面白がる現場が少なくなっているように思います。

職人単価は下がり、造作は複雑化してゴチャゴチャして手間は増える。手間が増えて単価が合わなくなるから、手間のかからない仕組みをつくる。そこで作られた仕組みは職人力を必要としないもの。

作業内容、求められる工期、段取り環境、現場環境などの仕事をする上での環境、そしてその対価として受け取るお金のバランス。職人としての知識を生かせる現場も少なくなっています。

手間をかけず、要領よく「こなす」人が職人として「稼げる」という何かとても残念な方向に向いてしまっている気がしています。

これでは職人の技量、知恵が衰え、継承者がいなくなってしまいます。

しかし、これは様々な要素が複雑に絡み合う難しい問題です。

そこに様々な正義があるから、何が正しいとは一概に言えません。例えば、短工期もローコストもある面では正義で、ある面では悪にもなります。

ただ一つ明確に言えることは、クライアント様にとって関わってくれる職人さんが「心から面白がってくれている」と感じることほど嬉しいことはないと思います。

せめてこの小さな月と雨 建築舎の現場だけでも、関わる職人さんが面白がる現場を創りたい。

「よい職人の地位の底上げ」

これが月と雨 建築舎の大義です。

そこで、月と雨familyで動くときはすべてにおいてルーティン化しています。

丁寧さと速さ。

創るときも綺麗の作法、作業中は小股で小走り。

そんな現場をつくっているとチャンスと幸せが舞い込みます。

月と雨familyみんなを幸せにして微笑む。

関わってくれる職人さんが面白がって創ってくれると、必ずクライアント様の家に幸せを呼び込めますから。

月と雨の現場では、関わってくれる職人さんにも「らしさ」を存分に発揮してもらいましょ。

製作現場を関わる人が面白がることができれば、それは必ずクライアント様の為につながります。

よい職人の「やりがい搾取」にならないリアルな高い単価の支払いとクライアント様に「お得感」を感じて貰える最大公約数を見極めるバランス感覚こそ、月と雨 建築舎が継続して努力し続けなければならない課題だと考えています。

共に物語を紡ぐ職人たち(月と雨 family)

~手間ひまかけて小さく時をつむぎ、その時を待つ~

「まだまだ使える」

使い続けるモノには神様が宿ってくれると信じています。

時が馴染んだモノには、大切に直せる知恵と技術と心のある職人の存在が必要になります。

それと同じように、愛用してくれる人あっての職人でもあります。

こうして共に時をつむいだモノが育まれ、擦り切れるまで使い込めるようになります。

創り手の気持ち次第でここに暮らす人の生活も変わります。

大切に想いを込めて創り上げた家は必ず大切にしてもらえる。そして、住む人も必ず幸せになる。創り手の「正しい心」がお家に移ること。それができないと人の「心を奪う」お家はできない。

古い木造住宅におけるリノベーションの品質は「現場力」で左右されます。

一人一人が自分の技術を発揮しながらも、チームとしての連携が取れる大切な仲間意識。その根底にあるのは、自分が関わる現場のレベル(品質)を落とさない職人としてのプライド。

それを維持する意味でも、お客様の家一棟一棟、小さな改修でも一現場一現場を「自分の作品」として意識づけてもらうことも必要だと最近では思うようになりました。

今、月と雨 建築舎の住宅再生の現場で活躍して下さっている「月と雨family」の職人さんをここで紹介させて頂きます。

 

(今あるモノを生かす、木造住宅リノベの要)

共に時季をつむぐ大工 「シノブ(忍)さん」

img_0082

「大した仕事してないから撮るなや、しんちゃん!」と、爆笑してます。

うちの仕事を支えてくれているメインの大工さんの一人、忍さんです。8年前から一緒に仕事して貰うように口説いていたのですが、僕が独立してこの月と雨の理念をスタートさせてやっと「俺がしんちゃんのメインになってあげる」と、仕事を請けてくれるようになりました。

月と雨にとって大切な人です。普段、忍さんは重力を感じさせない軽やかさで飛び回り、人の3倍のスピードで作業されているので今日やっと写真におさめることができました。(笑)

様々な工法の現場を豊富に経験され、様々な状況の住宅を観てきた忍さんはリノベーションという「その場の判断と知識が品質を左右する」現場において重要な要となる存在です。個性豊かな大工さん仲間からも信頼あつく、臨機応変に大工集団を指揮して月と雨 建築舎のリノベーション現場を支えてくれています。

大工 忍さんによるDIYサポート

 

(今あるモノを蘇らせる塗装)

共に時季をつむぐ塗装「シノブ(志伸)」(武田塗装)

こだわる。研究する。常に学ぼうとする。自分の仕事を作品と考え、長持ちさせるにはどうすればいいか、建物と向き合い手間を惜しまず仕事をする姿勢があるから「うちの塗装はいいですよ」と言い切れる。

img_3923

塗装職人、志伸によるDIYサポート

<志伸による内部・外部塗装作品。>

(センスを持って挑戦してくれる電気屋さん)

「オダっち」(小田電工 小田さん)

(今あるものを丁寧に生かしてくれる若き左官)

「ヒサくん」 (宍戸工業 宍戸左官)

(今あるお庭に物語を再生する庭づくり)

オレンジガーデン株式会社 徳満

IMG_1256

暮らしに緑が溶け込んでいるお庭の空間は、造り込まれているわけでもなく、植物も完璧な形で剪定されているわけでもない。それでも美しく居心地がいいのは、そこに「自然さ」があるから。そんなお庭づくりを演出してくれるのがこのオレンジガーデンの徳満さんです。

オレンジガーデンさんのプランは素敵な手描スケッチ。

この手描きスケッチには、徳満さんのセンスで今ある建物の雰囲気を感じ、自然な庭の風景をつくり出し、庭に錆びたモノやジャンクテイストの雑貨が何気なく置いてある。そんなシーンをとても美しく、雰囲気よく演出されたストーリーが込められています。

観賞するだけのものではなく庭が暮らしの一部となるように、ごく自然にそこで過ごし楽しんでいるシーンが演出されています。

現場の徳満さんは、一人でコツコツ作業を行い、少し経つと、遠くからそれをジッと眺め自分の思い描いたストーリーの絵と向き合っている印象が強くあります。

暮らす人がいかに気持ちよく過ごせる庭にするか。住む人が楽しむシーンを想像し、緑と雑貨を配置していく。

徳満さんの創り出すお庭は、住む人が「好き」と思えるものを選んで、心地良い庭づくりを徳満さんの手から離れた後も楽しんで続けてもらえる仕掛けが残されています。