陰翳礼讃

和蝋燭のように

闇を愉しむ

その為の空間 ホワイトミニマリズム

昔ながらの器具で「あかり」だけを純粋に愉しむ

残りもの の そのままの姿も美しさに変えられる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次